月曜の朝は、パンケーキ

月曜の朝は、パンケーキ

京都の綾部に住む近持晶子「夢のなかの家事」から、米粉のパンケーキミックスが送られてきた。

で、さっそく自慢のホットサンドメーカーで(ほ)印パンケーキを焼いてみた。
コーヒーは、ケニアの深煎り。

ごちそうさまでした。

ほ印のホットサンドメーカーでパンケーキを焼く

64


新商品!「プレスパット」発売決定

ご好評いただいておりますマルチホットサンドメーカーのオプション「プレスパット」を発売することが決定しました。
パンの周囲をプレスしてカレー等の具でもこぼれにくくなります。しかもミミをつけたままプレスすることが可能です。
取り外しができる仕切り板をつければ、パンを2等分にすることも可能です。
販売価格や発売日など、詳細が決まりましたら、ふたたび紹介します。

※プレスパット単体ではご利用いただけません。マルチホットサンドメーカーの蓋をご利用ください。

61 62


エビとエビス

エビとエビス

エビスビールを買ったら、ふと「エビをはさみたい」と思ったので、エビのホッタサンドを。
というわけで、本日の出張ホッタサンド屋は、エビがテーマ。

で、「エビに似合う野菜は?」と考えて、シソ(大葉)、ミョウガ、キュウリ、パクチーを代表に選出。
それにチーズを追加徴集。

味つけは、塩、胡椒、ミックスハーブ、オリーブオイル(オリーブオイルは、いぶし銀のボランチかな)。

そうそう。ミョウガは熱をとおさず、ホットサンドができあがってから、薬味的にはさんで食べるほうがうまいことを発見!

野菜それぞれが、エビとエビスビールを引き立たせてくれた午後でした。
ありがとう。

エビとエビス
エビとエビス

カレーたまたまサンド

カレーたまたまサンド
今日のランチは、残りもののカレーと、玉子とタマネギと。
パンはイングリッシュマフィンで。
輪切りにしたタマネギの中に玉子を落とし、軽く焼いてからパンにはさみ、カレーをぶっかけ、ホットサンドに。
完ぺきなランチとなったので、やっぱりビールに手が伸びてしまった。

カレーと一緒にホットサンド
カレーと一緒にホットサンド

ナンの中は・・・

ナンの中、ナンでしょう?

ちょうどいいサイズのナンを見つけたので、ホットサンドに。
新作に挑戦したのだ。

これが、しびれるうまさなのだ。

半分に折りたたんだナンにはさんだのは、さてナンでしょう?
(ちらりとオクラが見えてるが……)

ナンを使ってホットサンドを作る
ナンを使ってホットサンドを作る

ナンの中は……。

オクラ、豆腐、ショウガ(しょう油漬け)に、チーズ。
絶妙に絡みあい、しかも微妙にずれがあり。

これは、ほんといける。
ちょっとカリカリ目に焼いたナンが、またいい味なんだわ。


今日のホットサンド

今日の新作ホットサンド

チーズ+蜂蜜+ブラックペパーの異種混合シリーズ。

今日は、半熟玉子と組みあわせてみた。
それに、塩を少々。

これまた、いける!

その日の気分や思い付きで、自由気ままにいろいろなものを組み合わせて作る。

これがホットサンドの魅力の一つ。
今日の新作


いちばん感動的だったのは!

いちばん感動的だったのは!

『ホットサンド 54のレシピと物語』の中で54種のホッタサンドに挑戦したけど、作ってみていちばん感動的だったのは、これ!
「ヴァン・モリスンとヘンリー・ミラーへ」というレシピ。

なにがヴァン・モリスンで、なにがヘンリー・ミラーかというと、それは命名したぼくにもよくわからない。

片側はライ麦パンで、片側はタマネギの厚切り、というサンドウィッチ。
そのあいだには、厚切りベーコンとブルーチーズとほうれん草。
(撮影=岡野朋之)

でも、いちばんうまかったのは……。
それは、次回に。


ホットサンドとアルコールの不思議な関係

ホットサンドとアルコールの不思議な関係

「家でのデスクワークがつづくと、アル中になりそうだわ」てのも、おれだけか……。

でも、どこかの国ではもう日が暮れてるし、ホットサンドメーカーがあれば、こんなアペタイザーをすぐに作ることができるし。

というわけで、お先に失礼で「プッシュウゥゥ!」。
(撮影=岡野朋之)


餃子

今日は餃子

さすがに、毎日ホットサンドばかりじゃ飽きる。ている日々なのだ。

ホットサンドメーカーをフライパンがわりに使うと、ほんと便利だ。
ひとり分の食事をほぼ完ぺきにまかなってくれる。
その気になれば、深型を使ってインスタントラーメンを作ることもできる。

ひとり暮らしをしていた二十歳のころ、これを持ってたなら、もっと料理が好きになっただろうにな。