オリジナル・ホットサンドメーカー

ぼくは、料理を作るのが苦手だ。
それに、作るのがそれほど好きでもない。
作ってくれる人がいると、ほんとうれしい。

が、ひとり旅のときなど、どうしても自分でやらなくてはならない。
そこで、たいていの調理は「焼く」か「包む」ということだけですませてきた。

その昔、ICI石井スポーツで買った直径20センチほどのちょっと深めのフライパンひとつで、すべての旅の料理をすませていた。
フライパンとはいえ、深さがあったので、ラーメンだって作れた。
パスタを茹でることもできた。
(あのフライパンはどこへいっただろうか? まだ売ってるかな)

ホットサンドメーカーを旅で使うようになったのも、そんな経緯があるからかもしれない。

「焼くだけで、なんでもおいしい」
この言葉は、わがマントラでもある。

オリジナル・ホットサンドメーカーは、蓋つきフライパンと考えて発展させたものだ。
だから、ホットサンドメーカーいえど、ふつうのより底が深い(おばあちゃん家にあった古い井戸ほどではないけど)。

でも、ホットサンドを焼くにはちょうどいい厚みである。
その秘密は……。

ほ印のホットサンドメーカー。
「ワイルドワン」より好評発売中です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>